• ホーム
  • ラブグラ体験者の声|FSDの意味

ラブグラ体験者の声|FSDの意味

薬を飲む人

FSDとは、女性性機能障害という意味です。
セックスをしたいと思えないというような性欲の低下ではなく、不感症やオーガズム不全といった症状が、本人の意思に関わらず起きてしまう障害です。

原因の多くは、ストレスだと言われています。
最近では女性の社会進出が進み、女性が職場で受ける社会的ストレスも増えています。
そういった直接的なストレスをはじめ、レイプのトラウマ、性を汚らわしいと感じる心、親の過干渉による未発達な心、などが原因で起こることもあります。

また、親しい人との死別など感情が大きく揺り動かされた後にいきなりFSDになってしまうケースもあります。

FSDは、女性であれば誰がなってもおかしくない障害です。

ストレスが主な原因ですが、身体的な原因が影響していることもあります。
膀胱炎、糖尿病、更年期障害、などが影響して、FSDを発症することもあります。

糖尿病の場合は血管と神経が両方やられてしまうので、うまく性的刺激を受け取れなくなったり、膣を潤すために十分な血液が供給できないことによってFSDを起こしてしまうようになります。

このような血液の供給不十分な状態に対して有効なのが、ラブグラです。

ラブグラの体験者の声では「普段よりも早くオーガズムに達した」「濡れやすくなった」といったプラスの口コミがあります。
逆に「効いているのか効いていないのかよくわからない」「普段とあまり変わらなくてがっかり」などのマイナスの口コミもあります。

ラブグラが効くか効かないかは、飲むタイミングによっても異なります。
ラブグラは食事やアルコールの影響を受けやすい薬です。
なので、空腹時に飲まないと効果があらわれないこともあります。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧